読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色の日常

だいたい楽しい

好きな歌詞の話

Twitterで好きな歌詞をつぶやくタグをやっている人を見ていつかブログに好きな歌詞を書いていきたいとメモをしていたことを思い出した

メロディー重視な人間なのでそんなに好きな歌詞を挙げれないけれど好きな歌詞の話がしたい!

 

私が一番好きな歌詞はスピッツのスピカの

 

 

”割れものは手に持って 運べばいいでしょう”

 

 

です

とにかくこの部分が好きだ

そんなことわかってるはずなのにわからなくなってしまって

そっか、そうだよね

と気付かせてくれる

大事なものは手に持って運べばいいんですよね

 

 

 

ハイライト/LUNKHEAD

”嫌われたくないから僕は 心にもない事を言うけれど

 たまに本音が出たら どうも君らしくないなんて言われてさ

 僕はつくづく自分が嫌いになるんだ”

 

シュプレヒコール/テゴマス

”上を見る そのたびにまた敗北感ばっかり味わって

 下を見て ちょっとした味気ない優越感に浸かった

 本当の勝者さえいないのに”

 

 

わかるー!!!!めちゃくちゃわかるー!!!!

すっごくわかるー!!!!!!というシリーズ

いやもうほんとよくわかるよくわかるからグサグサくる笑

 

 

 

インストールラバー/スムルース

”人は うらぎるよ だけど必ずじゃないよ

 人は 悲しいよ だけど自分しだいだよ

 人は 変われるよ だから僕がいるよ

 これ以上 傷つかないで

 これ以上 傷つかないで”

 

スムルースの曲はいつもそっと寄り添ってくれます

うらぎるよ がひらがなになっているところがとても優しい

他の曲もそうなのだけどひらがなのままになっている歌詞が他にもたくさんあります

とってもとってもやさしく寄り添ってくれます

 

 

愛言葉/NEWS

”986日々 だから今があって やっと叶えたこの4合わせ”

 

986日々(悔やむ日々)があって4合わせ(幸せ)

9人、8人、6人、4人

最初に文字で見た時すごいと思いました

もちろんサビの

”てずてってとって愛してる”

も大好きで音源化されるにあたってタイトルの

~てをひいて~

が無くなったけれどわかる人にはわかるそんなところが余計好きです

 

 

ALL YEAR AROUND FALLING IN LOVE/L'Arc~en~Ciel

”春が来たなら花をあげよう

 でも 夏が来たならきれいな花火をしよう”

”秋が来たなら夢を追いかける

 でも 冬が来たなら君に寄り添っていよう”

 

私は日本に四季があることがとても素敵だと思っている

夏も冬も嫌いだけどでも四季があるのはとても美しくいいなと

だから四季に関する歌詞はどれもわりとあー綺麗な曲だなと思ってしまう

そんな四季が出てくる曲で一番この曲が好きです

ライブでやって…というかライブをやって…笑

 

 

まだノートにはいくつか残っているのだけど素敵な歌詞を伝える語彙力が私にない

かわいい部門のTouchとかポコポンペコーリャとかもっともっと伝えたいのに!!!

今後は歌詞を後回しにせずにもうちょっとしっかり歌詞も読んで語彙力も身につけたいものです

広告を非表示にする