読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色の日常

だいたい楽しい

大好きなバンドが活動を休止した話

大好きなバンドスムルースが活動休止しました。

出会いは10年以上前、高校の頃、純愛サプリメン、完全にジャケ買いでした。

ジャケ買いだったからドキドキしたけれどそのアルバムはとても良いものでした。

それから10年以上私のそばに居続けてくれるスムルースの楽曲が本当に大好きです。

高校の頃のプリ帳は何冊変わっても『ディスコ☆スター~OKAWARI~』の歌詞を書いていました。

この曲のように楽しんでやるんだと

ライブも楽しくてそして面白くて初めて見た時にはお笑いライブに来たのだろうかと腹を抱えて笑ったことをいつも思い出します。

友達を連れて行くときにも曲が分からなくてもいいとにかく楽しくて面白いからと言って連れて行ったこともある

メンバーもとても優しい

楽曲と同じように温かく楽しい人たちで大好きです

まず活動休止の発表があってから泣いた

その後曲を聴いてまた泣いた

何日経っても曲を聴いては泣き今もブログを書きながら泣きそうになっている

正直すごくライブには行きたかったのだけど私は先に発表されていた別のライブを選びました。

後悔しなかったわけではないけれど同じぐらい大好きで大切だったから比べることはできなかった。

行った人の感想を聞いたりブログに載せられたセトリ順に曲を並べているときにも泣いた

だけど笑顔があふれるライブだったと聴いて私も今までと変わらずスムルースの曲を聴いてこれからもたくさん笑顔で過ごしたい

 

 

 

 

東京に行くとき東京に着くと晴れていなくても

東京は晴れているとつぶやくのはもちろんスムルースの楽曲『東京は晴れている』の影響だしいつか奈良に行ったら帰るときには『さよならのまち』が聴きたい

悩んでる人がいれば『非常にイェイね』をすすめたい

 

私には結婚願望はないけれどいつか結婚して結婚式を挙げる日があれば入場の曲は『Beautiful Girl』がいい

両親への感謝の言葉を伝えるときには『OH!SHINY DAYS』がいい

退場の時には『ビューティフルデイズ』を流してこの歌詞のような毎日を歩みたい

料理はできないから『ハリキリ彼女』のように指は傷だらけ肉じゃがは真っ黒けかもしれない

 

子どもが生まれたら子どもにもスムルースを聴いてほしい

子どもと手をつないで『帰り道ジェット』を歌いながら帰りたい

家族が帰ってくるのをごはんをたいて待ちたい

 

そして大好きな人が病気するようなことがあれば『ポカポカ』の歌詞を思い出して一緒に歩いていきたい

 

まだまだ挙げればきりがないけれどスムルースの楽曲にこれからもずっと私に寄り添ってほしい

そしてまた活動を再開した時には今まで以上の笑顔で喜びたいと思います。