読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黄色の日常

だいたい楽しい

好きなバンドの曲をNEWSに薦めるなら

私はLUNKHEADというバンドが好きだ

最近はライブも行っていないけれどもふとした時に聴きたくなるし聴くとやっぱり好きだ

そのバンドの曲に何も怖くなどなかったという曲があるのだけどその曲を聴くたびにシゲにこの曲を好きでいてほしい

なんならシゲ部でかけてほしい。でもかけてくれたら泣いちゃうとよく言っているのだけど今日ふと通勤時間にランクを聴いていたらあ、この曲は慶ちゃんかなとかいろいろ思ってきた

なのでブログにまとめてみることにした

『好きなバンドの曲』ではなく

 

『好きなバンド(LUNKHEAD)』の曲をNEWSに薦めるなら~この曲この人っぽい!~

 

ちなみにLUNKHEAD知らないでたまたまたどり着いてしまった人ももしかしたらこちらのCM知ってる方もいらっしゃるのではないでしょうか?


カルビー「夏ポテト」CM - ランクヘッド「夏の匂い」

こちらです

 

 

というわけで冒頭でも書いたようにシゲに薦めたい

 

何も怖くなどなかった

 

”何もかも全部 何かの所為にして 笑っていたよ

 安全な場所で 戦う振りをして 逃げるのはやめるよ”

 

という部分そして

 

”自分のこと 信じるのは

 あなたを 信じるのと 似ている 似ている”

 

という部分この曲を好きであってほしい理由はこの2か所でこの曲を好きであってくれたら泣いてしまうだろう理由もこの2か所

上手く文章にできないけれどMYOJOのシゲの10000字読むといつも聴きたくなるんです

 

慶ちゃんには

 

スモールワールド

 

を薦めたい

 

”いつしか僕らは知ってしまった

 悲しみは無くならないってこと

 僕らの命が平等なんかじゃないこと”

 

なんか慶ちゃんってとにかく優しいじゃないですかほんとに優しいじゃないですか

まっすーが10000字で慶ちゃんに対して『メンバーに対しては”なんかあったの?”とか、絶妙なタイミングで必ず一歩踏み込んでくるっていうか。』

って言ってるんですけどそういうとこ!

慶ちゃんって悲しみは無くならないってこと知ってしまってそうじゃありません?

サビの

 

”僕がいて君がいた だから僕ら出会えたっていうこと

 僕がいて君がいた 理由なんかなくても

 僕がいて君がいた こんなにもあったかいっていうこと

 僕がいて君がいた それだけでいいんだ”

 

本当にそれだけでいいんだよって言ってくれそうな雰囲気ないです?慶ちゃんって

そういうわけでスモールワールド薦めたい

正直抜粋して書いてるけどどの部分も慶ちゃんっぽさを感じてます笑

シングル曲なのでPVがあります


LUNKHEAD/スモールワールド

 

まっすーは正直10000字を読んだときに真っ先に浮かんだのは

 

ENTRANCE

 

でした

時間が空くほど、忘れられていく怖さはなかった?って質問に

『ありましたよ。それでも、”こんな状況で踏ん張ってます”みたいなイメージなんていらない。時間がかかって待たせてしまったけど、必要な時間だったなって、今でも思います』

って答えてるんですけどこの曲のサビの部分

 

”不安なんだよ、そんな事

 生きてるんだぜ無くなりゃしねえよ

 飛び方なら細胞が全部知ってる

 変わらないものひとつだけ

 それはほんとうは最初から解ってた

 全部繋がる新しい夜明け”

 

を聴きたくなります

まっすーって”飛び方なら細胞が全部知ってる”じゃないけどこうすればこうなるっていうのをきちんと知っててそこは絶対にぶれないそういう強さがあるじゃないですか

最初にまっすーって打っちゃったからまっすーって打ち続けてるけどそういう強さかっこよすぎて本当はまっすーなんて呼べない笑

この曲は増田さんに薦めたい曲です

なんならまっすーには

 

クローバー

 

を薦めたいです

正直に言うとまっすーに

 

”ララパッテルポルク パッテルポルク

 ララパッテルポルコ パッテルク”

 

と歌ってほしいだけです笑

でもあの曲の優しくて陽だまりみたいな雰囲気すごくまっすーに薦めたい…増田さんではなくまっすーに…

 

ごしさんには正直すごくすごーーーーーーーく悩む

なぜならあまりこういう雰囲気の曲のイメージがない笑

でもまあやっぱり

 

前進/僕/戦場へ

 

でしょうか

 

”もうだめだ打ちのめされた そこが僕の始まりだった

 誰もいないこの場所で 独りきりで誓いをたてた

 胸の奥にゆるぎない ひとかけらの勇気手にしたら

 前だけを見て歩いてゆける 僕が生きるべき戦場へ”

 

って部分

『昔からこんなふうに思えたわけじゃないですよ。』

という彼が今先頭に立って前を見て突っ走ってくれているのは本当に心強くて尊敬します”前だけを見て歩いてゆける 僕が生きるべき戦場へ”すごくしっくりくる

でも時々あまりにもポジティブすぎるからなにか深い闇を抱えてるんじゃないかと思ってしまうので

 

百日紅

 

みたいな曲を聴いててほしい願望がちょっとだけあります

”心さえ殺せば 皮一枚で笑える”

聴いててほしい…

 

 

 

今書き終えてものすごく満足している!

ジャニーズしか聴かない人には全く興味がないだろうしジャニーズを聴かないランクファンもなんだこのブログって感じかもしれないけど…

でも私知ってる!NEWS担に元々バンド沼の住人がたくさんいること!